鉄道で活用される技術

自然災害や不測の事態でも利用者や作業員の安全を確保できるよう、非常用装置や防災への取り組みが盛んになっています。鉄道や路線の最新状況を常に把握し、必要に応じて適切な対応が図れるよう、設備の正確性と対応スピードを改良し続けています。

case

事例紹介

小型電源ユニット・無線ユニット

用途

非常用電源設備の機能維持

特徴

IoT機器としてネットワークに接続し、動作電源としての電池状態の通信を行います。

保守用車自動停止装置

用途

保守用車両の脱線事故防止

特徴

線路上に設置したRFIDをトリガーに、分岐器と無線通信を行い開通情報を取得します。
分岐が非開通の場合は音声アナウンスと自動停止制御が働き保守用車両の脱線事故を防ぎます。

防災関連機器

用途

列車の接近情報受信機、防災アナウンス受信機

特徴

指令があったときに機器が振動し、騒音の多いところでも聞き取りやすいので災害現場でも活用できます。
情報共有が容易にできるため危険回避や連携作業に使用できます。
また、IDを持たせることで特定の人のみ指令を出す事も可能です。

列車接近警報受信機

用途

ニアミス事故等を防ぐための警報受信機

特徴

現場の状況に応じた警報情報をアクティブタグ等の無線通信機器を利用して列車に通信します。